不死身なのか?月影先生 - 話のネタに ネタペディア
朝礼の話のネタに、飲み会やコンパで会話が続かなくなったときにご利用ください。生きるうえで必要のない雑学・小ネタです。

不死身なのか?月影先生

「ガラスの仮面」をご存知ですよね?


(楽天より)

まだ連載が続いているんですよーーー!

しかも、月影先生がまだ生きています・・・

 

 

◆ガラスの仮面は1975年から始まった

少女漫画雑誌「花とゆめ」で1975年(昭和50年)から始まった「ガラスの仮面」。

貧しい少女:北島マヤが芸能界を引退した大女優月影千草のもと、幻の作品「紅天女」の主演を射止めるまでをスポ根漫画並みに描き続けている長編漫画です。

まだ続いていたとは・・・

しかも、まだ終わっていないし・・・

紅天女演じられていないし・・・


(楽天より)

それより何より、連載当初「私の命ももう長くはない」と言っていた月影千草先生、生きてるし!

あれから37年経ちますけど???

 

◆漫画だからトシとらないんじゃないの?

ええ、ワタクシもそう思っていました。

途中までは、電電公社がNTTに変わっても、黒電話描かれていたし。

が!

最新刊(2012年12月現在)49巻では、携帯電話使ってますよ・・・

「紅天女」の主演をかけて、北島マヤとライバルでなぜか失明している姫川亜弓がまだ争っています。

作者の美内すずえさんは還暦をすぎていますが、いつ終わるのか、気になります。

スポンサードリンク

Related Posts with Thumbnails

マンガ・アニメ関連

QLOOKアクセス解析

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 不死身なのか?月影先生

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://pedier.com/mt-tb.cgi/69

コメントする

sPICT0009.jpg訪問ありがとうございます。

生きるうえで必要のなさそうな雑学・小ネタをまきちらしているムツキと申します。

おヒマな方はどうぞお付き合いくださいませ。

詳しい管理人プロフィールはこちら→サイト運営者について

また、ご自慢の「ネタ」がある方はお寄せください。何も差し上げられませんが。

どーでもいいネタペディアあて送信フォーム

スポンサードリンク