殺人事件の捜査本部の決め方 - 話のネタに ネタペディア
朝礼の話のネタに、飲み会やコンパで会話が続かなくなったときにご利用ください。生きるうえで必要のない雑学・小ネタです。

殺人事件の捜査本部の決め方

映画やテレビドラマで人気の警察・刑事モノ。

2時間ドラマでは毎回のように殺人事件が起きますが、起きない世の中になって欲しいですね。

police01.jpg

(イメージ写真)

ところで、殺人事件があった場合、警察の捜査本部をどこに設置するかの原則があるんです。

 

◆遺体が発見された場所が原則

殺人事件の捜査本部はご遺体が発見された場所を所管する警察署に置かれるのが原則です。

被害者が生前どこに住んでいたか、は関係ありません。

場合によっては、応援の警察官が集まることもあります。

police02.jpg

(イメージ写真)

交番や派出所の外側の壁に「管内の事件数(昨日・本日)」が貼ってあります。

もし交番や派出所を見かけたら、見てみてください。

 

◆遺体が境界線にあったら

殺人事件のご遺体が境界線、たとえば河川、湖、沼、海などを漂っていた場合はどこに捜査本部が置かれるのでしょうか?

原則論で言うと、ご遺体がたどり着いた岸を所管する警察署になります。

とはいえ、岸にたどりつくまでほうっておくわけには行きませんので、岸に近いほうの警察署がご遺体を救出することになる場合が多いようです。

 

◆もし遺体が切断されていたら

桐野夏生さんの「OUT」や島田荘司さんの「占星術殺人事件」、綾辻行人さんの「殺人方程式」などに書かれているバラバラ殺人。

ミステリー小説や映画にありますが、もしご遺体が切断され、バラバラに見つかった場合は、どこに捜査本部が置かれるのでしょうか。

police03.jpg

原則として、被害者を確認できる頭部が発見された場所を所管する警察署に捜査本部が置かれます。

ちなみに成人の頭部の重さは約6kg前後なんだとか。

 

人の命を奪うような残酷な事件は起きて欲しくないものです。

小説や映像の中で推理をめぐらせるのは好きですが。

(注:あくまで上記は原則論です)

スポンサードリンク

Related Posts with Thumbnails

雑学・社会関連

QLOOKアクセス解析

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 殺人事件の捜査本部の決め方

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://pedier.com/mt-tb.cgi/45

コメントする

sPICT0009.jpg訪問ありがとうございます。

生きるうえで必要のなさそうな雑学・小ネタをまきちらしているムツキと申します。

おヒマな方はどうぞお付き合いくださいませ。

詳しい管理人プロフィールはこちら→サイト運営者について

また、ご自慢の「ネタ」がある方はお寄せください。何も差し上げられませんが。

どーでもいいネタペディアあて送信フォーム

スポンサードリンク